top of page

まちづくり見学会


12/16まちづくり委員会による研修見学会に参加しました。

三養荘庭園見学と造園家による講演会〜地域の文化財に親しみ歴史を知る旅と題して、伊豆の国市長岡に行ってきました。

三養荘は昭和 4 年、旧三菱財閥岩崎弥太郎氏の長男久彌氏の別邸として、 京都の庭師小川治兵衛の手による壮大な日本庭園の中に、数寄屋造りの和風建築 本館として建設されました。国の登録有形文化財に指定されています。 また、昭和 63 年には建築家、村野藤吾により新館が増築されております。

三養荘の見学に先立ち、富士市で造園業を営み、京都芸術大学にて日本庭園史の非常勤講師でもある山澤清一郎氏による「近代庭園と三養荘の築庭について」の講演を聞きました。造園家により特徴が違うことを、富士市にある重要文化財「古谿荘」のお庭と比較するなどして、とても興味深い内容でした。

講演の前に立ち寄った願成就院は、北条家ゆかりの地であり、約800年前の運慶作、阿弥陀如来坐像などの国宝が祀られておりました。運慶の力強い仏像は迫力があり、吸い込まれるような魅力がありました。

まだ大河ドラマの影響か、人気のようです。

三養荘のお庭といい、仏像といい、いいものに触れるのは豊かな気持ちになりますね。


アーカイブ
​カテゴリー
bottom of page