函南町で地盤沈下修正

函南町にて建物地盤沈下の修正リフォーム工事を始めました。

現在12/1000程度沈下しており、ビー玉がゴロゴロ転がります。

鋼管圧入工法(アンダーピニング工法)といって、基礎の下を掘削し、地中に鋼管を圧入し、建物を持ち上げる工事です。現在基礎の下に3m奥までトンネルを掘り、12m下の強固な地盤まで鋼管を圧入しているところです。








函南町は元々富士市ほど地盤が良くなく、さらにこのお宅は、山を切り開いた切り盛りのある大型分譲地にあり、地盤の質は住宅を選ぶ際に、しっかりと選ぶ必要がありますね。

建築士として、お客様に土地に対しても安心安全な提案をできるようにしたいです。

アーカイブ
​カテゴリー